しっかり目を開けて夢を見よう

人生100年時代の3つの社会人基礎力

社会人基礎力とは

前に踏み出す力
考え抜く力
チームで働く力

の3つの能力(12の能力要素)から構成された
「職場や地域社会で多様な人々と仕事していくために必要な基礎的な力」
として、経済産業省が提唱した。

引用:経済産業省

現在の日本は長寿国として世界に誇り
ます。

人生100年時代」「第4次産業革命
ともいわれ各階層への開発が必要とさ
れています。

人生100年時代

そのため2006年に発表した「社会人
基礎力
」は、ますます重要性を増し
てきています

平成29年には、有効性をさらに発揮す
るために「人生100年時代の社会人基
礎力
」と新たに定義してます。

これは「これまで以上に長くなる個人
の企業・組織・社会との関わりの中で
ライフステージの各段階で活躍し続け
るために求められる力
」を定義してい
ます。

能力を発揮するためには、事故を認識
してリフレクション
(振り返り)しな
がら、目的、学び、統合のバランスを
図ることが自らキャリアを切り開いて
いく上で必要と位置付けられています

上記「第4次産業革命」がでてきたの
で簡単に少し振り返ってみると

  • 第1次産業革命:
    蒸気機関による工業化
  • 第2次産業革命:
    電力による大量生産
  • 第3次産業革命:
    情報通信技術革命
  • 第4次産業革命:
    IoT、AI、ロボット、ビッグデータ等


現在は「第4次産業革命」時代です。

3つの能力と12の能力要素

1.「前に踏み出す力」:アクション
一言で言うなら行動力でしょうか
失敗のことは考えずコツコツと粘り強く
自分から行動することがあ大事です。

その要素は

  • 主体性:自分から進んで取り組むこと
  • 働きかけ力:周りに働きかけ巻き込むこと
  • 実行力:自分で目標を定め行動する姿勢のこと

2.「考え抜く」:シンキング
何事にも問題視して自分で深く考えること

その要素は

  • 課題発見力:SNSやシステム的に物事を考える
  • 創造力:価値を判断する
  • 計画力:正しく選び、未来を予想する

3.「チームで働く力」:チームワーク
社会人として多様な人々とつながり目標に向けて協力すること

その要素は

  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える
  • 傾聴力:相手の意見をよく聴く
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する
  • 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る
  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する
社会人基礎力の要素

さらに、2018年に再定義で追加された
3つの視点は

  • 学び」何を学ぶか
    何を学ぶのか自分で考え、学び続けること
  • 組合せ」どのように学ぶか
    たくさんの体験・経験や能力を組み合わせて
    目的に向けて統合する
  • 目的」どう活躍するか
    自己実現や社会貢献に向けて行動することで、
    より「前に踏み出す力」が重要になるとされている

社会人基礎力を身につけよう

今回、新しく提唱されている「社会人
基礎力
」は、幼稚園児童から社会人の
中高年に至るまで幅広い年代
を対象と
しています。

3つの能力や12の能力要素をもとにして
自分がどのようにしているかを分析する
ことから始めましょう

自分の得意なことと不得意なこと、ある
いは、自分が足りていることや、不足し
ていること
を判断し、何を見直しすれば
よいかをみきわめます。

自分では、わかりずらければ、同僚や
友人、家族に聞いてみるのもいいです

また、「社会人基礎力 診断」で検索
すれと無料で診断できるアプリがたく
さんありますので、そちらを利用する
とよいかもしれません。

社会人基礎力は、どんな仕事にでも必
要な能力
で、仕事をスムーズに進める
ためにもチームワークのコミュニケー
ションを円滑に保つ
ことにもよいです

学び、行動、考えの中で、自分の能力
を把握して社会人基礎力を向上させて
いきましょう。

参考:経済産業省i-LearningHR Trend-lab

関連記事

コンテンツ

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31