しっかり目を開けて夢を見よう

仏像の本家本元の釈迦如来像

  • 美しい流れるような優美な仏像
  • どっしりとした姿の仏像
  • しなやかな、なよなよとした仏像
  • 立ちすがたのキリっとした仏像
  • 宝石で光り輝く仏像
  • 千本の手を持っている仏像
    などなど・・・

国宝の仏像は全国で128体で特に多い
のは奈良県で71体の国宝があります。

特に仏教に関心がない人でも仏像に対
面すると心が洗われるような気持にな
りますね。

別に悪いことをしたわけでもないのに
正直に生きなきゃだめだな」とか、
悪いことはできないな」なんて思う
のは自分だけでしょうか。

たくさんの仏像が造られ、姿かたちも
バリーションがあり座像だったり立像
だったり、手に物を持っていたりして
います。

仏像一覧

世界で最初の仏像は、紀元1世紀にイ
ンドでつくられた「釈迦如来」像です

仏教の祖、釈迦のすべてを仏像に写し
たものです。

お釈迦様の生涯

お釈迦様は、はっきりとした年代は、
わかっていませんが今から約2600年前
4月8日に生誕されたと伝えられてい
ます。

シャーキヤ(釈迦)族の国王である
父・シュッドーダナと、母・マーヤー
の間に生まれた王子です。

生誕の地は、北インドで現在のネパール
南部といわれています。

お釈迦様は、母・マーヤーを誕生から
7日後に亡くしています。

16歳のときには、隣国の王女・ヤショー
ダラ姫と結婚。

19歳のときに第一子となる息子ラーフラ
が誕生しました。

人を生きる苦しみから解放する悟りを
得たいと
考えたお釈迦様は、29歳のと
きに妻と息子を城に置いて出家します

6年間苦行を継続したものの、なかな
か悟りを開けず、菩提樹の下で瞑想を
するようになります。

やがて、12月8日についに悟りを開い
のです。

瞑想

このとき、お釈迦様は35歳になってい
ました。

お釈迦様は80歳で亡くなるまでの約45
年間、仏教の開祖として人々に教えを
説き続けたのです。

おおもとの釈迦如来像

それは釈迦如来像が、あらゆる仏像の
本家本元だ
ということです。

釈迦如来はほとんどが座禅をくんで
両手には何も持たずに、きらびやかな
装飾品や頭にも冠などはつけていない

たった1枚の衣だけを身につけている
だけです。

しかも、右肩を出して着る着方で、こ
の着方のことを「偏袒右肩・へんだん
うけん」という。

京都の仏像

この着方は、右肩を出すのは敬意を表
し、目上の人に会って、うやうやしく
礼拝するときの姿
を表しているのです

また、右手が利き手である人が多いの
で、右手を露にする事は、攻撃しない
ことを示すもの
として礼法となったと
いう説もあります。

お釈迦様に拝まれている

じつは、次のことを知っている人は、
少ないのではないかと思います。

この先を読むと次からの仏像への、
お参りに気持ちが変わるはずです

だれしも、お釈迦様を拝むときには
お釈迦様を尊いものだと信じきって
心を落ち着かせて合掌します。

すると、釈迦如来は合掌してくれた人
に対しこのようにおっしゃいます

「私を尊くおもって、合掌してくれてありがとう。
でも、尊いのは私ではないのです。
ほんとうにこの世で大事なものは仏像ではありません」

そして、つづけます

「人として一生を送っていくときに尊ばなくてはならないものは、
あなた自身のいのちなのです。
あなたの頭から、手の先、足の先までを毎日、とどこおりなく
働かせてくれている、あなた自身の「いのち」の力そのものなのです」

・・・・・と。

飛鳥寺・釈迦如来像

仏像の基本は「回光」です。

回光とは、光を回転することで向こう
からやってきた光をぐるりと方向転換
してもとへ、もどしてやること。

こちらで「尊いお釈迦さま」と合掌す
ると「いや、尊いのは、あなたのいの
ちですよ
」と尊さを転換してくれるの
です。

「あなたのいのちの働きのほうが、わ
たし(釈迦)より、もっと、もっと、
尊い。だからこそ「 偏袒右肩 」の姿
を示されている。

釈迦像は、自分より拝んでいるあなた
目上で尊い人だと説法しているので
す。

あなたが、釈迦に拝まれている。
たとええ苦しみのどん底にいても、
あなたは釈迦に拝まれている。

いかがですか、少し考えが変わったの
ではないでしょうか。

参考:手ぶら人生(堺野勝悟著)

関連記事

コンテンツ

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31