しっかり目を開けて夢を見よう

ガストロノミー「真の美食」後編

ガストロノミーとは

前回はガストロノミーの世界的な展開
を調べて掲載しました。

今回は、ガストロノミーを日本で食の
未来を考えていく若者のグループを通
して「ローカルガストロノミー」を取
り上げてみた。

前回の後編と思ってください。

ガストロノミーのおさらい

ガストロノミーとは日本語で「美食学
と訳され、食事・料理と文化の関係を
考察する
ことをいう。

料理を中心として、様々な文化的要素で
構成される。

食や食文化に関する総合的学問体系と言
うことができ、美術や社会科学、さらに
はヒトの消化器系の点から自然科学にも
関連がある。

引用:Wikiwand

三陸国際ガストロノミー会議2021」が
岩手県久慈市で9月13日14日の2日間行わ
れる予定でしたが、コロナ禍でとりやめ
になりました。

出演を予定していたシェフや学識経験
者等による公演要旨を収めたVTRを順
次配信してます。

三陸国際ガストロノミー会議2021

Next gastronomia では

自分たちの食の未来は自分たちで決
めたい
」と思い入れの強い日本各地の
若者があらゆる角度の視点から未来を
描き提案
している。

ガストロノミー

発足のきっかけの話し

私たちは現代、食文化の衰退農業従
事者への魅力の低下
過疎化環境問
など様々な問題や課題を抱えて活き
ています。

一方で日本の各地域にはポテンシャル
をたくさん秘めている次の世代を担う
若者がいます。

その若者たちが、この価値に気づくこ
と、疑問に対する答えを見出すこと

重視している。

また、見出そうとアクションをとるこ
とによりのみ現状は変えられる
のだと

その中でも特に「」はどの時代でも
常に身近にある分野であり、コロナウ
イルスの拡大があった今では更に自分
達の体を作るものにも注目すべき時代
が来ている。

この団体から地域の食の価値を見出し
発信
していくのと共に、食の世界をも
っと良くしようとする志に共鳴
してい
る。

引用:Next gastronomia

Next gastronomiaは、大学生とシェフ
起業家が日本の食文化の魅力を再発見
しようとローカルガストロノミーのイ
ベントを2020年11月に3日間、秋田県
湯沢市で開催した。

なぜ、秋田か

ここで、なぜ秋田なのかを考えてみる
と(実は僕の親父の田舎です)

  • 都道府県の中で平均年齢が最も高い
  • 自然増減の人口減少率も最も高い
  • 少子高齢化と過疎化が同時に進んでいる
  • 日本の縮図とも言える。
  • 一方、雪深い冬が長く、食品を保存する
    必要があったことから発酵文化が根付いている
  • 多彩な伝統野菜もある秋田は「食の宝庫」と呼ばれる。

以上のようなことから、Next gastronー
omiaが秋田でイベントを開催した。

秋田特有の食文化や発酵食文化が色濃
く残っているだけではなく湯沢市には
発酵文化を盛り上げることに共感でき
る人たちや産業があることも理由だと
いう。

秋田の食文化

世界一の美食の街

ガストロノミーの聖地として知られる
スペイン・バスク自治州のサン・セバ
スチャン
は、「世界一の美食の街」と
して有名です。

サン・セバスチャンはスペイン北東部
にあるビスケー湾に面し、フランス国
境にも近い。

年間を通じて雨天が多く、海の幸も山
の幸も豊富な場所
です。

サン・セバスチャンでガストロノミー
が浸透したのは、「美食倶楽部」の存
在と情報のオープンソース化が大きい

美食倶楽部」には、主に男性が集ま
り、自分たちで料理を作って食べて、
楽しむ伝統的な文化です。

こうした文化を背景に1970年代にフラ
ンスで始まった伝統的な料理にカジュ
アルさを取り入れた
新しい料理法が若
いシェフを中心に広まった。

この食の運動の素晴らしい点はレシピ
をお互いに教え合うという情報の共有
をしていることです。

これまでの伝統的な料理人の師弟関係
ではなく、誰もが新しい技術や手法に
アクセスできること
で、街全体で食の
質が向上したのです。

この根底には、地域の財産はみんなで
共有すべきという考え方やバスク地域
の助け合いの精神
などが欠かせない。

サンセバスチャン

Next gastronomia の未来展望は

地球にも美味しい:100年後も見据えた自然との共生ができる食べ方。
身体へも美味しい:健康面に考慮がなされた食
心から美味しい:幸せを感じる、本当に美味しいよ思える食

  1. 日本の各地のローカルガストロノミーを発信する
  2. メンバー全員がSNSを通して秋田の食文化を発信し続ける
  3. 実際に畑で育てた野菜をブランド化し秋田を活性化する
  4. 地元の文化、食材などから価値を高め発信する

以上のことの種まきをして、「真の美食」が
ありふれる世界をめざしていく。

素晴らしい企画ですね、若い人のパワーを
存分に発揮して、食文化が進化すること
期待したいですね。

参考: Next gastronomiaWikipediaideasforgood

関連記事

コンテンツ

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31