しっかり目を開けて夢を見よう

しし座流星群2021はいつ

しし座流星群の2021年はいつ

しし座流星群は、毎年11月の中旬
活動が極大になる流星群で放射点
しし座の中にあります

極大とは、

ある流星群の活動が最大の活発になる日。

引用:コトバンク

放射点とは、

ある流星群に属する流星が天球上の1点から放射状に飛び出すようにみえる点。
輻射天(ふくしゃてん)ともいう。

引用:大百科全書

2021年のしし座流星群の極大日
18日の午前2時頃(前後する場合が
ある)と予想されている。

この日は、ビーバームーンの満月
なる前日です。

ですので、残念ですがこの月あかり
の影響が大きく観測するにはあまり
いい条件ではなさそうです。

しし座流星群の、レオ
ニズ、レオニード
と呼ばれることも
ある。


しし座

しし座は黄道十二星座のひとつで大き
な体を夜空に横たえる百獣の王ライオ
の姿をした星座です。

1999年や2001年の大出現が有
名な、しし座流星群は、母彗星(ぼす
いせい)のテンペル・タットル彗星の
通り道を、毎年この時期に地球が通過
することで、起こります。

そこに残されていた塵が地球の大気に
飛び込んで上空100km前後で発光して
見える現象です。

ギリシャ神話では、ネメアの森にすむ
人喰いライオンといわれ人々を襲った
ため12の冒険をやっている勇者ヘー
ラクレー
ス(ヘラクレス座)に退治
れました。

しし座流星群

流星は宇宙空間の小さな塵(1㎜から数㎝)
が地球の大気に飛び込んできて大気と激し
く摩擦を起こし高温になると同時に光を発
する現象です。

しし座流星群の塵が大気に飛び込んでくる
速度は毎秒約71㎞で普通の流星より速く
流星一つ一つがとても明るくなかなか消え
ない。

ダスト・トレイル理論としし座流星群

このような、流星群の活動を予測することは
非常に困難とされてきました。

それは、流星のもとになるチリの粒がとても
暗く、その位置やチリの粒の濃度を直接観測
して推測することができないからです。

しかし、近年「ダスト・トレイル理論」と呼
ばれる新しい理論が提唱され、流星群活動を
ある程度予測できるようになってきたのです

ゴールドラメ スター  ダスト・トレイル

流星のもとになるチリの粒は彗星から放出さ
れ、チリ自体も太陽の周りを周回し、細長い
チューブ状のチリの粒の流れの帯を作ります

この帯のことを「ダスト・トレイル」と呼び
ます。

流星の元となるチリの粒は、ダスト・トレイルと呼ばれる
チューブ状のチリの粒の流れの帯となって分布します。
ダスト・トレイルは何本もあり、この帯の分布を計算によって
詳しく求め、流星群の活動を予測する手法のことを
ダスト・トレイル理論」と呼びます。

引用:国立天文台

この「ダスト・トレイル理論」の予測
通りに
しし座流星群は出現しました。

2021年は11月18日の午前2時頃 が、
活動が極大になる予想ですが月が沈む
午前5時以降から明け
方が一番の見どこ
になる。

活動は低調とみられるので空の条件の
良いところでも1時間に5~
10個程度
思われる。

興味ある方は、月が出ている反対を向
いて防寒を万全にして環境の良い場所
で、眺めてみてはいかがでしょうか。

参考:国立天文台WeblioWikipediaしし座Astroarts

関連記事

コンテンツ

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930