しっかり目を開けて夢を見よう

決断疲れしてませんか

決断疲れとは

意思決定を長時間繰り返すにつれ、決断する力や質が低下すること。
現在では不合理な意思決定の原因の1つとして理解されている

何度も繰り返し決断していると疲れて
しまい、現状のままを受け入れたり単
純な決定をしやすくなる。

判断や決定するときに利用する脳のリ
ソースは限られていて、休みなく繰り
返し決断すると枯渇してしまう
ため。

日常判断をしなければならない裁判官
にとっては、決断の連続で午前中の時
間帯より、1日の終わりごろには決断
疲れが生じる

裁判官

こんな研究結果があります「仮釈放
を承認する割合
」は朝と休憩後には
平均65%と高くなり、時間が経過す
るにつれ、ほぼゼロに近い状態まで
低下しているとのこと。

裁判官も人間です脳が疲れてくると
リスクを取らない判決を下しやすい

会議やワークショップ

会議やワークショップが休憩なしに
長時間続いた場合
でも決断疲れは起
きてしまう。

会議に参加している人が集中力を欠
いてしまい、難しい判断ができずに
なるケースもあります。

会議やワークショップでは必ず休憩
時間やランチタイムを取り就業時間
内で終わるようにルール決めする

とで決断疲れをまぬがれパフォーマ
ンスを維持できる。

オンラインでも起こる

決断疲れは、仕事や会議の日常だけで
なく、オンラインでも起こります。

オンライオンショッピングでは、比較
対象にあちこちと商品をのぞき見をし
て疲れてしまい、決断ができなくなる
ケースがある。

Amazonでは「あとで買う」ボタンで
その場で決断させないようにしている

あとで買う

今は買わないがあとで買うかも?
との判断をさせることで「買わない
という選択肢から販売の機会損失を防
いでいる。

日常化するダークパターン

最近は企業の都合の良いように設計
て、決断疲れ自体をわざとさせること
はダークパターンです。

メルマガの解除を難しくしたり、商品
の予約ページなどに「4人が閲覧中」な
どと記載してあおって事実とは違う情
報で焦らせる。

ダークパターンは、人間の心理につけ
こみ、我々自身では気づかないような認
知バイアスを悪用する手口だ
」とフラン
スのデータ保護当局が発表した

残念ながらEC業界ではダークパターンが
一般的になってしまっている。

安易に術中にはまらないように注意しま
しょう。

決断の回避

決断疲れにより決断を全くしない状態に
陥ることがあり、これを「決断忌避」と
呼ぶ。

イエンガー 氏 とレッパー氏 による研究
によると、

「より多くの選択肢がある人の方が何も買わない決断に消極的で、
6個の内から選んだ場合より24個または30個から選んだ場合のほうが
最終的な満足度は低い
ことが分かった。」
これは、「選択という行為が、選択肢の中から大きな意思決定を
行うことを求める限り、重荷になりついには反生産的にもなりうることを示唆している」

引用:Wikiwand

脳の決断疲れ

私たちは1日に最大35,000回もの決断
をしているという結果がケンブリッジ
大学の研究で発表されています。

朝起きて、夜寝るまで、

「今日は、何を食べよう」
「どんな服を着ようか」
「どの道を通って駅まで行こうか」
「朝礼で何をしゃべろうか」

「ランチは何を食べようか」
「帰りにお土産でも買おうか」
「この人になんと声掛けようか」

何食べようか

などなど、様々な決断を私たちは行っ
ています。

たとえ、本人が意識的に考えていなか
ったとしても、潜在意識の中で、常に
思考が繰り返されています

脳に疲れがたまると正しい判断ができ
なくなるばかりでなく、深刻化すると
思考停止に陥ったりします

情報の多さは半端ではないですね、特
にスマホの普及でスマホを見る機会が
増え、画面を見るとそれを読むかどう
か、自分との関係性はどうか、必要な
のか
と次々と判断をしています。

解消方法も結構あるのでしょうが、こ
れも情報過多になるので、これが一押
しかという方法。

メモを取る

メモ帳を持ち一度メモしてメモリーか
らは忘れるように
し、後で、メモを見
てやるべきことを確認する。

これで、決断疲れを防げます。

何かあればメモを見るという習慣をつ
け、安心感も出るので決断疲れを解消
しましょう。

参考:UX TIMESWikiwandBiz guide

関連記事

コンテンツ

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930