しっかり目を開けて夢を見よう

アーカイブ:2022年 8月

医師も不思議がる「子宮頸がん」ステージⅣからの生還・その2

2020年の11月の後半に「子宮頸がん」が見つかったわけですが、その前の数年はCさんにとって、大変な年だったのです。その1を閲覧がまだな人は、こちらからご覧ください。医師も不思議がる「子宮頸がん」ステージⅣからの生還・その1前述…

詳細を見る

日本の古都の文化財「京都五山の送り火」

京都では8月に入ると家々で精霊(祖先)の迎えの行事が行われます。そして毎年、8月16日は「五山の送り火」が行われ、この精霊を再び冥土に送り返すという意味があり、京都の夜空を彩ります。8月16日の午後8時より約1時間、京都の市内を囲む…

詳細を見る

水族館のジンベエザメも驚きの巨大水槽とうどん

水族館はいま、大きな水槽がありその中には何と世界最大の魚類のジンベエザメが優雅に泳ぐ雄姿を見ることができます。ジンベエザメの特徴ジンベエザメは、世界中の温帯から熱帯の沿岸および外洋に生息する世界最大の魚類(サメの仲間)。日…

詳細を見る

最大の危険の海と陸の「海亀と産卵」

日本に住む海亀世界には8種類のウミガメが住んでいて、そのうち日本に住む海亀はアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ、ヒメウミガメ、オサガメ、クロウミガメの6種類が日本に住んでいます。この中でもよく目にするのは3種類で、アカウミガメ、アオ…

詳細を見る

世界のオリエンタルハーブの代表「わさび」

独特の香りや風味をもち、暮らしに役立つ植物を総称して「ハーブ」と呼びます。日本にもいろいろなハーブがあります。市販されている身近なハーブは、シソ、ミョーガ、ベニタデ、ミツバ、ワサビ、サンショウ、ショウガ、トウガラシ、ユズなどがあります。…

詳細を見る

2022テーマは「光害」世界渡り鳥の日

ツバメや白鳥、ユリカモメ、マガモなど季節により、長い距離を大海原を超え国を超えて移動する渡り鳥です。渡り鳥の生態目的地には、太陽や星の配置、磁気や風向きなどのさまざまな手がかかりを利用しながら移動しているといわれています。そ…

詳細を見る

火山列島の恩恵・日本の文化「温泉」

コロナでの自粛が当たり前になり、旅行に出かけることもなく、そんな時に「せめて温泉でも行ってゆっくりしたいな」と思う人は僕だけではないとおもいます。日本人には、温泉のDNAが体に染み込んでいて、温泉へ行きたいとよく頭に浮かんできます。実…

詳細を見る

番付表や食にこだわる歴史ある「大相撲」

毎場所、相撲中継を楽しみにしている人は多いとおもいます。同郷の出身力士がいればなお、力が入りますね。江戸時代から時が止まって、土俵入り、番付表、化粧まわし、髷(まげ)、着物、取り組みなど変わらない姿で歴史と伝統の相撲を現代でも生で感…

詳細を見る

多種多様の神仏、聖霊がおわす「峠」

日本には峠と呼ばれる場所がいくつもある。計測方法でかなりの数の違いがあるが3、773ヶ所ともいわれている。峠の数が全国一ただ、長野県は、峠の数が全国一で、173ヶ所と言われてます。(2010.10.28時点)長野県は、四方を北アルプス…

詳細を見る

コンテンツ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031