しっかり目を開けて夢を見よう

話題で人気の「地方版図柄入りナンンバープレート」

実際にあまり目にしたことはありませんが、地方版図柄入りナンバープレートをご存じですか。

地方版図柄入りナンバープレートは、平成30年10月1日から地域振興と観光振興を目的として、地域の風景や観光資源などを図柄にし、交付を開始しています。

ナンバープレートに書かれている数字の背景に図柄が描かれ「走る広告塔」として各地の魅力を広める効果が期待されている。

取得する条件

この地方版図柄入りナンバープレートは、交付手数料だけを納めるとモノトーンの図柄になります。
ですが、交付手数料とは別に1,000円以上の寄付金を納めることで図柄がフルカラーになりますよ。

取得する条件としては、車を使用する本拠地がこの制度の対象地域に該当していることです。

車を使用する本拠地とは、車検証に記載された住所のことを指します。
他の地域の図柄が気に入っても、使用する住所の地域とことなる地方版図柄入りナンバープレートを取得することはできません。

こんな素晴らしい富士山のナンバープレートを気に入っても自分の地域以外は付けられません。
これって、もうちょっとなんとかならないものでしょうかね。そう思うのは僕だけでしょうか。

地域の魅力を広めよう、普及しようと思ったら、思い切った施策が必要だと感じます。

国土交通省からナンバープレートの種類は、こちらからご覧ください。

001448365

人気の地方版図柄入りナンバープレート

人気のトップはデザインがキャラクターを取り入れたもののようです。

申し込み件数が多い地域から紹介すると

キャラクターデザイン

  • 熊本ナンバー:有名なご当地キャラクター「くまモン」。
  • 福山ナンバー:「広島東洋カープ」のマスコットキャラクターを入れた。
  • 愛媛ナンバー:県のキャラクター「みきゃん」が入っている。
    キャラクターの知名度と可愛らしいデザイン、熱狂的なファンの多さなどの理由で多くの申込みがあるそうです。

美しい風景のデザイン

  • 弘前ナンバー:風光明媚なデザインの弘前城と岩木山に美しい桜を組み合わせた。
  • 静岡県・山梨県ナンバー:日本一の富士山が綺麗に取り入れています。
  • 静岡県ナンバー:田園風景のバックに富士山を配置したデザインです。
  • 松戸ナンバー:桜とアジサイ、矢切の渡しをモチーフにしている。
    いずれの地域も申し込み件数は、トップクラスの人気があります。

カッコいい図柄で圧倒的人気

  • 飛鳥ナンバー:地域にある古墳に描かれていた「朱雀」のデザインで、朱雀が力強く羽ばたく姿がカッコいいと話題を集めています。

どれをみてもそれぞれの地域の名勝や特色などが素敵にデザインされていて迷いますね、気になる図柄の中に「出雲ナンバー」が目に止まりました。

さすがに島根県出雲市の神話の伝説の大蛇で「その目は赤かがち(ほおづき)のようで、ひとつの身体に頭が8つ、尾が8つあります」と」その怪物の八岐遠呂智(やまたのおろち)を退治した須佐之男命(すさのおのみこと)との神話です。図柄をご覧ください。

このとおり、8つの蛇の頭をあしらっています。
なんか、いいなあ!

この、地方版図柄入りナンバープレートは、平成30年10月1日から交付を開始して以来、50を超える地域からの登録があり広く普及しています。

登録をした住所でなければ、取得できませんが、自分の地域のナンバープレートが気に入れば装着してみてはいかがでしょう。

参考:国土交通省グーネットマガジン

 

関連記事

コンテンツ

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031