しっかり目を開けて夢を見よう

【新発見】 ガンのリスクを減らし ストレスを軽減する「ガーデニング」

新しい研究によると、ガーデニングは「がん」のリスクを減らし、メンタルヘルスを高め、コミュニティを団結させるのに役立つ可能性があるといいます。

ガーデニング

コロラド大学の研究

アメリカのコロラド大学ボルダー校環境学科の教授であるジル・リット博士は、新たな研究で、相関関係や因果関係の古典的なケースでは、ガーデニングをする人は体重がより健康で、果物や野菜をより多く食べる傾向があることが知られていますが、より健康な人がより多くのガーデニングをする傾向があるだけなのか、それともガーデニングが健康に影響を与えるのかの答えを探しました。

まず、リット博士はデンバー地域から平均年齢 41 歳の 291 人のガーデニングをしていない成人を募集しました。

集まった人たちの半分はコミュニティガーデニンググループに割り当てられ、残りの半分はコントロールグループに入れられ、ガーデニングを開始するまで1年待つように指示しました。

 

どちらのグループも、栄養摂取量と精神的健康について調査です。

ガーデニンググループには無料でコミュニティ ガーデン区画といくつかの種と苗木、および入門ガーデニング コースを渡しています。

そして、春に開始し、秋までに、ガーデニング グループのグループは、対照グループよりも 1 日あたり平均 1.4 グラム、または 7% 多い繊維を食べていました。

たいした量とは思わないようですが、「食物繊維が 1 グラム増えると、健康に大きなプラスの効果がもたらされる可能性があります」と、共著者でサウスカロライナ大学のがん予防および管理プログラムの責任者である James Hebert 氏は述べています。

食物繊維は腸内の善玉菌のエサになり、身体全体が活発になり特に免疫力が上がるといわれています。

ガーデニングのグループはまた、身体活動を週に約 42 分増やし、この適度な運動によりストレスと不安のレベルが低下したことを確認できました。

グループの人の中には、庭のないアパートに住む低所得の移民もいて、庭の区画を持つことで安価に食料を育てることができました。
コミュニティガーデニングは、コミュニティ内の社会的つながりを構築し、人々が文化を共有するスペースを提供することもできるのです。

ガーデニング・コミュニティ

 

静かな場所で自分で食べ物を育てようと庭に来ても、隣人のプロットを見て、技術やレシピを共有し始め、時間の経過とともに関係が開花します」とリット博士は言いました。

まとめ

平均年齢41歳の291人の普段ガーデニングを行なっていない人を対象に行った調査によると、そこから半年間ガーデニングを行なったグループは食物繊維の摂取量が1グラム以上身体活動の時間が42分増加、そして全体的なストレスレベルの低下が認められたという。

ガーデニングの大きな効果が明かされた。
がんを含めたさまざまな病気のリスクを軽減し、適度な運動によってストレスや不安を和らげ、さらに社会ともつながるきっかけにもなるというのだ。

場所の問題があり、なかなか着手できないこともあろうかと思いますが、身体的にも精神的にも有効なことが証明され、ガーデニングを始めるきっかけとなればいいですね。

参考:Good News Nettwaork

 

関連記事

コンテンツ

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031