しっかり目を開けて夢を見よう

カテゴリー:食

見直される平安時代からの一汁三菜

伝統の日本料理和食は日本の伝統的な料理です。一汁三菜は、その料理の献立のことで一汁は汁物を一品、三菜は主食・主菜・副菜で構成されたものです。もともとは、日本料理の一つである「本膳料理」の献立のひとつです。日本料理は…

詳細を見る

ガストロノミー「真の美食」後編

ガストロノミーとは前回はガストロノミーの世界的な展開を調べて掲載しました。今回は、ガストロノミーを日本で食の未来を考えていく若者のグループを通して「ローカルガストロノミー」を取り上げてみた。前回の後編と思ってくださ…

詳細を見る

江戸のファーストフードおでんと具

おでんのルーツおでんは豆腐料理の「田楽」の異称ですおでんのルーツをたどると室町時代にさかのぼり、豆腐を串に刺したものをあぶり、味噌をつけて食べる「焼き田楽」といわれる。味噌田楽江戸時代には江戸で、この味噌田…

詳細を見る

世界五大健康食品のひとつ大豆

大豆とはマメ科の一年草。高さ約60センチ。茎の先はやや蔓 (つる) 状になり、全体に粗い毛がある。葉は3枚の小葉からなる複葉。夏から秋、紫紅色か白色の蝶形花を開き、莢 (さや) の中にふつう2、3個の種子ができる。中国の原産。引用…

詳細を見る

日本料理の代表・蕎麦

蕎麦最近、立ち食いそばで「2枚もり」を食べます。早くて、冷たくて、量があり、安いので栄養面はともかくいうことなしです蕎麦は、蕎麦粉を加工して麵にした天ぷらや寿司に並ぶ日本の代表的な料理です。…

詳細を見る

冷や麦、素麺、うどん

冷や麦と素麵子供の頃は暑くなるとよく冷や麦を食べました。大きなどんぶりに冷や麦をいれ、皆で食べるわけですが、その中にピンクの色の麺が入っていると取り合いでしたその後いつごろからでしょうか、冷や麦より細めの素麺(そうめん)が主流…

詳細を見る

日本中に「春告げ魚」の代表

春告げ魚日本各地に春を告げる「春告げ魚」がいます。春先からよく獲れる魚たちのことです北には昔から鰊(にしん)でした。昭和20年頃までは北海道西岸で産卵を迎えたニシンが大量に獲れ港はやん衆(北海道で働く漁師…

詳細を見る

一番おいしい料理は ”お母さんの料理だ”

帝国ホテル総料理長日本でフランス料理のシェフと言ったら、元帝国ホテルの顧問の村上信夫シェフでしょうね。何年も待って帝国ホテルの見習いとして入社したのが1939年です。「ムッシュ村上」として日本にフランス料…

詳細を見る

冷やし中華の発祥は仙台と神田神保町

冷やし中華の発祥は夏が過ぎると中華屋さんから、冷やし中華が消えてしまうのがさびしいです。大好きな冷やし中華は1年中、食べていたいひとつに数えられます。僕の中での定番はキュウリの千切り、錦糸卵ハム、トマトなどを…

詳細を見る

コンテンツ

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031