しっかり目を開けて夢を見よう

知らずに使ってるネットスラングとは

インターネットスラングとは

ググる」「KY」などの隠語のような言葉を使ってませんか、通称「ネットスラング」と言ってインターネット上で使用される特殊な言語の表現のことです。


ネットスラング

スラングとは、俗語、隠語、略語のことで、多くは電子掲示板やチャット、電子メール、SNSなどのインターネットコミュニティ上で発生する。

非常に多くのものがあり、さまざまな表現による、ネットスラングが登場している。

実際にこんなにあるとは思わなかった。
顔文字もその一種だそうです。

明確に定義されているものではないので種類も豊富です。

  1. 略語・略字
  2. 造語
  3. 誤変換・誤読・ご入力・置き換え
  4. 当て字
  5. 絵文字・アスキーアート
  6. 顔文字
    などで、いくつもの分類をまたぐものもある

1.略語・略字

おめ:おめでとう  Z:お疲れ様  JK:女子高生 (笑):笑っていること。最近ではWを使っている
:アマゾン  アマゾる:AMAZONで買い物をする インスコ:インストール

オワコン:終わったコンテンツ おK:OK   鬼女:既婚女性  情弱:情報弱者 ちょW:ちょっと待って  チラ裏:チラシ裏に書いておけ ナマポ:生活保護  ネカマ:ネットオカマ

ネトウヨ:ネット右翼  胸熱:胸が熱くなる リア充:リアルが充実している  んc:ナイスカット DQN:ドキュン  NDK:ねえどんな気持ち


略語

2.造語

あうあう:アウト  亀レス:遅い返信 炎上:ネット上で大多数から批判にさらされること
逆神:予想を外す  クソワロタ:めちゃくちゃ笑った コピペ:掲示板における定型文  自宅警備員:ニート セウト:セーフに近いアウト   せふせふ:セーフのこと

チョンゲー:オンラインゲーム  ドキュン:暴走族やヤクザ 二次元:アニメ・漫画  フジる:いい画欲しさで残酷な質問
メンヘラ:メンタルヘルス   もしもし:携帯電話 有能:有益な情報提供者への賛辞

3.4.誤変換・誤読・ご入力・置き換え・当て字

:アカウント  大杉:数が多い  ガノタ:ガンダムオタク :プロキシ  :サーバー

鯖落ち:サーバーダウン 惨事:三次元   尻:シリアル  消防:小学生  スマソ:すまん :二次元  ぬこ:ねこ  禿同:激しく同意  バルス:笑った 密林:Amazon  ようつべ:You Tubeのローマ字読み リンゴ:アップルコンピュータ  ワロタ:笑った

などなど、まだまだたくさんありますよ。

おなじみの顔文字はこちらをご覧ください。
顔文字の一覧

ただ、気をつけなければいけないことは、ビジネスでは避けたほうが良いです。

ビジネス上のメールやチャットでは、相手の立場や感情を考えながら行動しているので、ネットスラングのような砕けた言語が送られてきたら、嫌な気持ちになります。


ネットスラング

下記のネットスラングは嫌いなランキングです
1.スマソ(すまん)
2.W(笑い)
3.(笑い・面白い)
4.禿同(激しく同意)
5.orz(がっくり)

で、いずれも、

  • 馬鹿にされているように思える
  • 上から言われているようでいやだ
  • 腹が立ってくる
  • 下品で否定的で相手の人間性を疑う
    など、かなり不評です。

親しい友達同士の気軽なメールのやりとりなら親近感もわくでしょうが、ビジネスには、そぐわないばかりかトラブルにもなりかねません。ご注意を!

参考:ニコニコ大百科WikipediaマイナビニュースLIGweblio

関連記事

コンテンツ

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31