しっかり目を開けて夢を見よう

「嘘も方便」のほんとの意味

「嘘も方便」

嘘も方便」はよく聞くし使います。

「嘘は悪いことだけど、時や場合によっては、必要な時もある」

「大きな善行を成し遂げるためなら、小さな非行は許される」

という意味のことわざです。


嘘も方便

よく「方便」が「」というイメージが強くて、ややもすると方便そのものが嘘という意味で使われることもしば
しば見受けられるけど同じではない

方便の語源はサンスクリット語の「パーヤ(upaya)」で「近づく」「到達する」という意味です。

仏教語であり、衆生を教え導く巧みな手段や、真実の教法に誘い入れるために仮に設けた教えを意味する。

 

日ごろ使ってる「嘘も方便」

日常的にこの嘘も方便を使っています

  • 「大丈夫です」「残念ですが先約があって」
  • 「そんなことはないです」「数秒でおわります」
  • 「あと5分寝かせて」「今度連絡するね」

などが典型的なのですが、あなたも日常で使ってませんか。

相手の心配批判他にそらせることが目的です。嘘とはいいがたいが真実でもなく、これこそが ”嘘も方便” で「ものは言いよう」という言葉に置き換わりもします。


インド ダメーク・ストゥーパ
仏陀・初説法の地

仏教では方便は虚言ではなく、あらゆる人をさとりへと導くすぐれた教化の方法であり、仏のもっとも具体的なはたらきであるといいます。

 

「法華七喩・ほっけしちゅ」

法華経」で有名な法華七喩(ほっけしちゆ)があり、7つのたとえ話のことが法華経の中で説かれています。

  1. 三車火宅(さんしゃかたく)
  2. 長者窮子(ちょうじゃぐうじ)
  3. 山草二木(さんそうにもく)
  4. 化城宝処(けじょうほうしょ)
  5. 衣裏繋珠(えりけいじゅ)
  6. 髻中明珠(けいちゅうみょうしゅ)
  7. 良医病子(ろういびょうし)

があり、これは釈迦仏がたとえ話を用いて、わかりやすく衆生を教えたスタイルに則しています。


三車火宅のたとえ話

1.三車火宅(さんしゃかたく)の内容は

ある時、長者の邸宅が火事になった。
中にいた子供たちは遊びに夢中で火事に気づかず、長者が説得するも外に出ようとしなかった。

そこで長者は子供たちが欲しがっていた「羊の車(ようしゃ)と鹿の車(ろくしゃ)と牛車(ごしゃ)の三車が門の外にあるぞ」といって、子供たちを導き出した。

その後にさらに立派な大白牛車(だいびゃくごしゃ)を与えた。
この物語の長者は仏で、火宅は苦しみの多い三界(欲界、色界、無色界)、子供たちは三界にいる一切の衆生、羊車・鹿車・牛車の三車とは声門(しょうもん)縁覚(えんがく)・菩薩(ぼさつ)(三乗)のために説いた方便の教えで、それら人々の機根(仏の教えを理解する素養や能力)を三乗の方便教で調整し、その後に大白牛車である一乗(仏と成ることのできる唯一の教え)の教えを与えることを表している。

なお壇一雄の「火宅の人」のタイトルは、この三車火宅を由来としている。

引用:Wikipedia

また、親鸞上人は

「「方便ともうすは、かたちをあらわし、御(み)な(名)をしめして衆生にしらしめたまうをもうすなり。

すなわち阿弥陀仏なり。この如来は光明なり。
光明は智慧なり。智慧はひかりのかたちなり」

引用:OTANI

方便は、真実に対する仮を意味するのみでなく、真実そのもののはたらきである。
阿弥陀仏も、南無阿弥陀仏も、われらを如来の真実界にあらしめようとはたらく、
方便法身、すなわち具体的な相として顕された仏そのものである。
方便は、世間にはたらく仏の智慧であり、無明を破って、
光の世界にあらしめる智慧のはたらきである。
引用:
OTANI

そういえばと思い出した人も多いのではないでしょうか。

なかなか真実だけでは、渡れない社会ですが、しっかりと目を見開いて生きてゆきたいものです。

 

 

 

参考:Wikipedia仏コラムTRANS語源由来辞典OTANI

 

関連記事

コンテンツ

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31