しっかり目を開けて夢を見よう

2022.8 満月の名前は

8月の満月「スタージョンムーン」

2020年8月の満月の名前です。

あまり聞いたことのない名前ですね。

日本では、今、使われている太陽暦カレンダーの前はを使用していました。

昔のアメリカでは、季節を表す動物や風景などを使った名前を満月に付けてカレンダー代わりにし
ていたそうです。


アメリカのフルムーンの名前

この中の8月の満月「スタージョンムーン」という名前がありますね。

スタージョンムーンは日本語で言えば「チョウザメ」
北アメリカの部族が毎年8月になると成熟したチョウザメ(スタージョン)の漁を北米の5大湖でして
いたことに由来している。

ネイティブアメリカンはチョウザメを魚の王様と考えていたので、満月に付ける名前としてはうってつ
けだったのかもしれません。

また、8月には夏の霧で月が赤みをおびることから「レッド・ムーン(赤い月)」とも呼ばれていた。

2022年のスタージョンムーンは8月12日(金曜日)に見れます。(その年によって満月になる日は違う)

8月22日の満月が一番大きくなるのは、10時36分ですので写真を撮ったり願い事をするにもちょうどよい時間ですね。

満月に願い


満月

その願い事ですが
スタージョンムーンには「自由」「個性」「自立」「友情」「平和」「オリジナリティ」「ネットワー
」などのいくつかのキーワードがあり、これらのキーワードにまつわる願い事が叶うとされています

これからの自分の個性を伸ばし、起業したり新たなビジネスに取り組んだり、今まで以上に友達との親交を深めたりしたい人は、ぜひスタージョンムーンを見てにお願いすることで前進するようです。

職場での人間関係での悩みや、もっと開放的になりたいとい思っている人はスタージョンムーンを見る
ことで、よい方向に向かうかもしれません。

キーワードをもとに悩みを良い方向に導くきっかけとして、持っている悩み事を紙に書きスタージョン
ムーンにお願いをしたら、その紙を見返さずに破り捨てるという方法があるようです。


満月

その他満月には恋愛運や金運をアップするといわれています。

日本には、三日月や新月、半月、満月など月の名称はあっても、個々の月の満月の名称はありません。

8月22日が晴れて、スタージョンムーンがよく見えたら、願い事を紙に書いてよくお願いをしましょう。

あなたもスタージョンムーンを堪能しましょう。

8月の12日~13日はペルセウス座流星群が極大を迎えます。1月の「しぶんぎ座流星群」12月の「ふたご座流星群」と並ぶ3大流星群のひとつです。

ペルセウス座流星群のピーク時は、1時間に30~50個ほど見ることができます。

田舎があって、帰省する人はラッキーですね。
夏の夜は、大切な人と素敵な天体ショーを見てはいかがでしょう

参考:おすすめ情報館astroarts月の楽しみ方みんなの知識

関連記事

コンテンツ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031